【初心者でも】化粧ポーチの作り方✴︎ポケットをカスタム✴︎簡単/How to make a makeup pouch

スクエアポーチを使いやすい化粧ポーチにする。

お化粧品は皆様使うものが様々ですよね。

ご自身の使いやすいようにポケットをカスタムして頂けるので、ぜひ試してみてください。

動画でご覧になりたい方は下記のリンクをクリックしてください。

 

 

完成サイズは約W20㎝ H12㎝ マチ6㎝です。

 

必要なもの

表地・裏地 W33㎝ H20㎝ 2枚ずつ

ポケット生地 W19㎝  H20  2枚

接着芯 W33㎝ H20㎝ 2枚

タグ W7㎝  H6㎝ 2枚

30㎝ファスナー 1本

 

接着芯を貼る

表地に接着芯を貼ります。

ダイソーの接着芯を使用しています。

アイロンを中温に暖めて、当て布またはクッキングシートを当てて接着します。

(粗熱が取れるまで触らないでくださいね)

 

ファスナーの端を処理する

端処理はボンド使用します。

テープ内側にボンドを少量つけて、少し斜めに接着します。

 

 

ポケットを作る

 

生地を半分に折って、縫い代1㎝で周囲を縫います。

(折り目は縫わなくて良いです)

その際、返し口を4㎝開けます。

角は斜めにカットして、縫い目を開き、返し口から返します。

 

裏地にポケットを縫い付ける

 

 

 

縫い付ける位置は下から5㎝。

左右は中心に合わせます。

 

 

 

好きなところで仕切りをつける。

片方はアイライナーやアイブロー・ブラシ等を入れる感じに仕切ります。

 

 

 

もう片方は大きく一つの仕切りを作っていきます。

お好きな幅で作りたいように仕切ってください。

 

 

表地・裏地にファスナーを縫い付ける

 

まず裏地。

 

次いで表地。

 

開いてステッチ!

 

表地・裏地をそれぞれ重ねて縫い付ける

表地・裏地をそれぞれ中表に重ねて、底の部分を重ねて縫います。

 

返し口を開けて縫っていきましょう。

 

タブを作って仮縫いする

 

短い辺を1.5㎝くらい折ってアイロンをかけます。

 

さらに半分にして左右にステッチをいれていきます。

 

このタブを表地の縫い合わせた部分に仮縫いします。

 

 

縫い目とファスナーを重ねて縫う

縫った部分とファスナー部分の中心を重ねて縫い代1㎝で縫っていきます。

 

 

縫い終わったら返し口から表に返して、返し口を縫う。

 

 

マチを縫う

マチを10センチつけて縫っていきます。

縫ったら縫い目から5㎜くらいのところを切っていきます。

裏に返して今縫った部分をさらに縫い代1㎝で縫っていきます。

 

これで切り口が隠れます。

 

表に返して完成です

 

作り方を覚えてしまえば結構簡単に作れます。

ぜひ楽しんで作ってみてくださいね!

 

 

その他の動画の紹介

 

✴︎【ゆっくり説明】裏地付きマチ付きポーチの作り方✴︎初めてポーチ/細部まで説明!DIY How to sew a zipper pouch sewing tutorial

 

✴︎【失敗しない】新しいファスナーポーチの作り方教えます。

 

✴︎【初心者】ずぼらな人でも簡単に裏地付きファスナーポーチを作る方法 How to make a pouch / zipper pouch

 

✴︎ファスナーが剥き出しにならないマチ付きポーチの作り方【fastener pouch】

 

✴︎【初心者向け】ぺたんこポーチの作り方✴︎裏地あり✴︎型紙要らず✴︎DIY How to make a flat pouch

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です