夜の時間>朝の時間

「朝の1時間は夜の2時間以上の価値がある」〜アーノルド・ベネット〜

 

私が何度か読んでいる本に書かれている一文です。

私はこの考え方が大好きなんです。

 

一応先に著書の紹介だけしますね。

自分の時間 [ アーノルド・ベネット ]という本でして、サイズも小さく薄いので、すごく読みやすい本です。

「やりたいことはあるけど時間がない・・・」という毎日を送っている方はぜひご一読ください。

すこーし人生変わります(笑)

 

さて今日の話は最近の私の生活サイクルの話。

 

私は毎日のブログ更新と週2本のハンドメイド動画を更新するとルールを決めて活動しているのですが、

最近とある仕事の都合でリズムが崩れ、夜に活動することが増えたのですが・・・

ぜんっぜん捗(はかど)らない!

やべーっと思っていたところにこの本のことを思い出し、ブログに書こうと思った次第です。

 

この本の中では、夜の1時間より朝の1時間のほうがずっと有意義だよと書いてあります。

何故かって?

夜ってみんな仕事から帰ってきたあとでしょ?そりゃ疲れているところに何かやろうと思ったって無理だよ。

仕事は「やらなきゃいけないこと」。あなたが悩んでいることは「やりたいこと」でしょ?

じゃぁ順番が逆だよ。「やりたいこと」をやってから「やらなきゃいけないこと」をやればいいんだ。

 

という話し。※個人的な解釈を含みます

 

僕はこの発想が比較的ハマるほうでして、以前は21:00就寝〜4:00起床のサイクルで動いていました。

これが結構しっかりハマりまして、日中も眠くならないし、朝から活動できる良い流れがありました。

最近はこれが崩れてしまっていて、夜も中途半端。朝も中途半端です。

 

しっかりサイクルを戻していかないとなーと反省中。

 

やりたいことがあるのに、気づいたら1ヶ月過ぎた・・・みたいな方はぜひ試してみて下さい。

慣れるまで眠れなかったりする方は軽くアルコールの力を借りると眠れますよ(違

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です