【簡単キレイ】ポーチを作る時のファスナー端処理の仕方

ファスナーポーチを作る際、購入したファスナーをそのまま使うと出来上がりがイマイチ・・・

特に角がしっかり出ませんので、きちんと処理してから使用しましょう。

 

色々な処理の仕方が情報としてありますが、私はこの方法で行っています。

ぜひ参考にしてみて下さい。

※動画で見たい方は下記の動画で説明もしていますので、そちらをご覧ください)

 

 

 

 

まず、仕上がりイメージはこちら

 

 

 

角がしっかり出てすっきり仕上がります。

端の処理をキレイにすれば仕上がりもキレイになります!

では早速やっていきます!

 

 

 

 

ファスナーの可動域より外側に出ているテープ部分を処理していきます。

まずはこの飛び出たテープを斜めに折ります。

 

 

 

 

手前に斜めになるように折ります。

この時、エレメントに対して折った部分が直角になるようにしましょう。

 

次にそのまま奥に倒します。

 

 

 

 

こんな具合です!

角度をつけすぎるとポーチなど完成したときにファスナーが本体から飛び出したようになってしまうので、エレメントに対して直角が基本です。

 

このまま縫っていくのですが、私はズレないようにするためにあるものを使います。

 

 

 

 

アルミの洗濯バサミ。

これ便利なんですよね…挟む部分が薄いので、ミシンで針を落とすまで使えます。

(もちろんまち針で固定してもOK)

 

 

 

こんな感じで、ミシンの針を落とせばズレなくなるので、針を落としたらアルミ洗濯バサミは外します。

そして縫っていくと…

 

 

 

 

こんな感じになります!

これをあと3回(合計4箇所)繰り返せば処理完了です!

 

※ファスナーを閉めたときにスライダーがある方のテープは、ファスナーを閉めた状態で直角になるようにしましょう。開いた状態で直角に折り込むと角度がキツくなります。

 

 

 

 

この画像がそうなんですが、このように閉めた状態で処理することをオススメします!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

というわけで今回はファスナーの端処理を画像付きで見て頂きました。

ご不明点がございましたらYoutubeや各種SNSからでもご連絡いただければと思います!

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です