やりたいことをやろう

最初は好きで夢中でやっていたことが、やるにうちに大衆向けのものを目指してしまい、やりがいが感じられない人いませんか?

 

これ私です(笑)

自己分析も兼ねて掘り下げていきます。

 

私の活動はハンドメイド作家やYoutuber、ブロガー、中古品販売、アフィリエイター。

後半3つは、成果はほぼ0だと思って下さい。

 

ハンドメイド作家は、自分が好きだと思える作品を作っていました。

少しずつ売れるのが嬉しくて、「もっと買ってもらいたい」と思うと、徐々に大衆向けのものを作るようになり、逆に売れなくなっていきました。

Youtubeは、縛りなく自由にやっていましたが、「定期配信が良い」とか、評価に良い編集の仕方をググって、なるべくそれに寄せてみたり…どんどん自分らしさが無くなっていくんですよね。

 

結果的にモチベーションが下がっていきました。

 

私は副業を始めたとき、お金を稼ぎたいと思って始めたつもりでしたが、どうやら違ったようです。

お金を稼ぎたいのであれば、より少ない工程でより売れる作品を研究して作りまくし、Youtubeのアルゴリズムを解析するように努め、再生回数を稼ぐことに終始すると思います。

でもそこにモチベーションを持っていくことはできませんでした。

 

私はきっと「認められている実感もほしい」のだと思います。

承認欲求強めです!(笑

 

そのために、お金というツールは非常にわかりやすい「評価基準」ですし、お金があればそれだけ選択肢が増えるのは事実。

でもそれだけじゃないんだなと実感しました。

 

今は活動を始めたときと違って、ハンドメイド販売も少し実績が出来たし、Youtubeも収益化出来ているから、ある程度自由にやっても赤字になることはないでしょう…

それは今まで頑張って本当に良かったと思っています。

これからは自分らしいことを中心にやっていこうと思います。

それが一番僕らしいから。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

今回この記事を書くきっかけになったのは、イケハヤさんのメルマガで、「ブログはアートだ」という記事を見たことと、はあちゅうさんのVoicyで「お金だけがモチベーションにはならない」という配信を聞いたからです。

お二人がどのような意図で配信したかわかりませんが、僕にはこのように刺さりました(笑

 

そもそもハンドメイドもYoutubeも後発組のくせに、なんで大衆向けのことをやろうと思っていたんだろう。

そう思ってニッチな感じを目指していたのに・・・

現在の情報社会では色々な知識をすぐに頭に入れることができるけど、何が必要で何が不要かを判断できる思考力・考察力がないと情報に踊らされて自分を見失いますね。

明日はそのことについて掘り下げてみようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です