【動画あり】簡単型紙の立体マスクの作り方【youtube】

〇昨今のコロナ流行の煽りでマスクがない…
〇作りたいけど立体マスクって不格好になりそう…
〇でも立体マスクを作りたい!
 
 
 
 
 
 
 
 
というわけで、今回はこの画像のデニム立体マスクを作っていきます。
 
 
意外と作ってみると簡単ですよ!ぜひ一緒にやってみましょう。
 
 
動画リンクも貼っておきます。
 
 
動画のほうが理解しやすそうな方は↓から動画を参考にしてください。
 
 
 

 

ではやっていきましょう!

型紙の作り方

 

まずは型紙ですね。

 

下記の画像を見てみて下さい。

 

 

 

これは使い捨ての立体マスクです。

 

この立体マスクから型紙を起こしていきます。

 

 

 

このように厚紙の上に使い捨てマスクを置いて、ポイントとなる場所に点を書きます。

 

そして点から6㎜外側を線で繋ぎます。6㎜は縫い代です。

 

立体マスクを作るときに私が一番嫌だったのはこの曲線。

 

だから赤〇のところに点を打って、そこを直線で繋ぎました。

 

問題なく使用できます。

 

 

ゴムを付けるところは三つ折りにして縫うので2.5㎝多めに残します。

 

これで型紙は完成。

 

正直そんなに厳密じゃなくても大丈夫です。

 

生地を表地2枚、裏地2枚、ゴムを27㎝で2本、用意します。

 

曲線部を縫い合わせる

 

では縫っていきます。

 

まずは表地と裏地をそれぞれ中表に合わせて、曲線部を縫います。

 

 

この赤線部分です。

 

縫い代6㎜ですよー!

 

縫い目を割ります

 

 

 

写真のように、縫い合わせたところをアイロンで割ります。

 

専用の台がないと作業しにくいんですよね…私持っていません。

 

いつも毛糸のかたまりを使っています((笑

 

表と裏を縫い合わせる

 

表と裏を中表に合わせて、上下を縫い合わせます。

 

 

 

赤線部を縫い合わせます。

 

 

表に返してコバステッチをかける

 

 

表に返したら、縫い合わせたところをキレイに折りアイロンをかけます。

 

アイロンをかけたら赤線部を縫います。

 

 

大体端から2㎜くらいのところを縫っていきます。

 

端を三つ折りして縫う

 

 

5㎜~7㎜程度を折り返し、三つ折りにします。

 

(1㎝くらい折っても問題ないです)

 

 

 

私はゴムを通すのが面倒なので、予め挟んで縫ってしまいます。

 

縫ったあとはお好きな長さでゴムを縛り、縛り目を隠して使います。

 

完成です!

 

 

 

見て下さってありがとうございました。

 

改めて動画をご覧いただければ更にわかりやすいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です